ロードバイクを買ったら絶対交換すると良いパーツ5選!性能がガラリと変わります!




どうもこんにちは。

MESIです。

 

「ロードバイクの性能を良くしたい!」

そう思ったことはありませんか?

 

そう思ったあなたはすでにはハマってますね。沼に。

 

ロードバイクは多くのパーツからできていてパーツを良いものに交換すると性能が良くなります。

とはいっても手当たり次第交換すればいいってわけではありません。

交換してもほとんど効果が実感できないパーツもあれば、ガラリと走りが変わるパーツもあるからね。例えばシートポストとか…

関連記事「DEDAの最軽量シートポスト!スーパーレジェーロ購入記。最高にコスパの悪い軽量化です!

 

今回はロードバイクで交換すると効果的なパーツを5つ紹介します。

 

 

スポンサーリンク


ブレーキ

あなたのロードバイクには何のブレーキがついていますか?

シマノのブレーキですか?シマノのどのグレードですか?

 

ブレーキは安い物がついていると効きにくいです。

 

私のロードバイクには最初安いブレーキがついていてダウンヒルが怖かった覚えがあります。

効きにくいブレーキは事故の原因となるのでブレーキは良いものに変えましょう。

 

もしあなたのロードバイクにシマノではないブレーキ(テクトロなど)またはシマノだけど低いグレードのもの(ClarisやSORA)がついている場合は交換することを推奨します。

私としては105以上のグレードのブレーキがオススメ。

私はブレーキをULTEGRAに交換したのですがブレーキの効き具合が鈍感な私でもわかるくらい変わります!

p.s.
まさかとは思いますがブレーキにカンパニョーロやSRAMがついていた場合変えなくても良いです。そもそもカンパニョーロやSRAMを使っているような人はこんな記事読まないと思いますが(笑)

 

タイヤ

完成車についているタイヤはあまり良いものでないことが多いです。

なのでタイヤを少し高いものに交換すると走りが変わります。

 

目安としては1本5000円くらいのもので前後で10000円ですね。

 

えっ高いって?

いやいやチューブラータイヤと比べたら安いもんですよ(笑)

 

高いタイヤは軽いので加速がよく、グリップ力が高いのでコーナーで安全に曲がる事ができます。

 

オススメはコンチネンタルのグランプリ4000SⅡ

走行中の「コオオオオォォォ」という音が好きなので(´・ω・`)

 

また、このタイヤはサイドカットにも強くて25C なら多少のグラベルでも走れてしまいます。

 

 

ホイール

ホイールはフレームの次に重要なパーツ。

ロードバイク速さに関わります。

 

完成車についているホイールは完成車価格を下げるために鉄下駄である事が多いです。

これを5〜7万円くらいのミドルグレードのホイールに変えると良いでしょう。

オススメは
シマノのULTEGRA
カンパニョーロのZONDA
フルクラムのRACING3ですね。

 

私は初めてのホイール交換でZONDAを購入しました。

値段に対するコスパが良いホイールでペダルを踏んだ感じは硬すぎず柔らかすぎず足にやさしいです。

当然鉄下駄より重量が軽いので漕ぎ出しが軽くなりました。

 

 

お金に余裕があれば10万円以上のハイエンドアルミホイールに変えると良いでしょう。

鉄下駄から交換すればかなりの違いを感じる事ができるかと思います。

おすすめハイエンドアルミホイールは

シマノのDURA-ACE C24
カンパニョーロのシャマルウルトラ(ミレ)
フルクラムのRACING ZERO(ナイト)
がオススメです。

 

私はZONDAの次に同じくカンパニョーロのシャマルミレを購入しました。

シャマルミレはハブがUSBベアリングでヌルヌルとホイールが回転します。

ZONDAをしばらく使ってからシャマルミレにホイールを交換するとハブのヌルヌルを実感できて面白いです。

また、ZONDAより硬いため調子に乗ってペダルを踏みまくると足がスカスカになります。

 

関連記事「カンパニョーロのホイール!シャマルミレをゾンダ比較でインプレ!!

カンパニョーロのホイール!シャマルミレをゾンダ比較でインプレ!!

2017.11.01

 

ステム

ステムを交換するとポジションが変わります。

ロードバイクはポジションが非常に大事。

ポジションが変わるとパフォーマンスが変わります。

 

ポジションの厄介なところはあなたにとって最適なポジションは常に同じではありません。

 

例えばロードバイクを買ったばかりの頃はショップで初心者向けのセッティングをしてもらえるかと思います。(してくれない事もありますが)

 

初心者向けのセッティングはハンドルが高くサドルが低い。

初心者の頃は体幹の筋肉が弱いのでこういったセッティングになります。

 

しかしロードバイクに乗っているうちに体幹の筋肉がつくとハンドルを低く、遠く、そしてサドルを高くできます。

なのでロードバイク買って半年くらい乗ったら一度ロードバイクを購入したショップでポジションを見てもらうと良いでしょう。

ショップによっては無料で見てくれます。(ここで言うショップとはスポーツ自転車を専門とするプロショップのことです。ママチャリメインの量販店では無理かと思われます。)

 

最適なポジションがわかったらステムを購入し、交換しましょう!詳しくはショップで教えて貰えるはずです。

 

スポンサーリンク


 

サドル

完成車についてきたサドルに特に不満がなければ交換する必要はありません。

仮に不満があったとしても最低3ヶ月は我慢して使いましょう。あなたのお尻がスポーツ自転車のサドルに慣れていないだけかもしれないので。

 

私の場合は完成車についてきたサドルがどうしても合わなかった。

半年我慢してみましたがダメでした。

距離50kmを超えると尻が痛くてたまらんのです。

 

そこで私は評判の良かったS-worksのpower expertというサドルを購入して使ってみました。

使ってみると私にはぴったり!
無事に尻の痛みからサヨナラバイバイできました!

 

しかし最適なサドルを見つけるのは難しいです。評判が良いサドルでも人によっては合わない事はよくあります。

 

最適なサドルを見つけるには多くのサドルを試してみるといいです。

とはいえサドルは安くありません。

購入してたくさん試すにも無理があります。

そこで無料でサドルを試す方法を教えます。

例えばショップで試乗会なんかが開かれたら積極的に参加しましょう

試乗用のロードバイクについているサドルがもしかしたらあなたにぴったりかもしれません。

また、ショップによってはフィジークのテストライドサドルを設置している場合があります

テストライドサドルはサドルをレンタルして実際使用してみて気に入ったら購入できるシステムです。

ショップがテストライドサドルを設置していたら積極的にレンタルしてみるといいでしょう。

 

サドルについて詳しく知りたい方は以下の記事を見てください。

関連記事「サドルを探している人必見!おすすめサドルメーカーと選び方まとめ!

サドルを探している人必見!おすすめサドルメーカーと選び方まとめ!

2017.12.30

 

最後に

今回はロードバイクで交換すると走りに影響しやすいパーツを5つ紹介しました。

なかでもサドルは難しくサドル探しの旅に出たまま帰らない者は数知れず。

サドルに関しては妥協も必要ですね。

 

今回紹介したパーツ以外にも交換できるパーツはたくさんあります。(というかほぼすべてのパーツが交換可能)

自分の好きなパーツを選んで自分だけの一台を作れる。

これがロードバイクの魅力の一つですね。

 

 

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です