サドルを探している人必見!おすすめサドルメーカーと選び方まとめ!




ロードバイクは多くのパーツからできています。
 
好きなパーツで自分だけのロードバイクを組むのは楽しいもの。
 
しかし多くのパーツのなかでも好き嫌いがはっきり分かれるパーツがある。
 
 
それはサドル!Σ(゚Д゚)
 
 
アゴの長い佐々木君
今使ってるサドル合わないんでござるわ~
 
 
自分に合うサドルを見つけるのは難しい。
 
そのためサドル沼なんて言葉が存在する。
 
 
 
毎日長時間ロードバイクに乗るプロ選手はサドルへのこだわりが強く、気に入ったサドルは買い貯めして(スポンサーの関係で)ロゴを隠してでも使うほど。
 
 
 
そんなわけで今回はサドルの選び方とおすすめのサドルを紹介していきます!
 
MESI
自分にピッタリなサドル選びの参考にしてくれい!
 
 

スポンサーリンク

サドルを交換せずに痛みを解消する方法!

アゴの長い佐々木君
10km走っただけで尻が痛くなるでござる。
 
MESI
それロードバイクのサドルに慣れてないだけじゃね?
 
 
サドルを探している人は今使っているサドルが合わない!
 
つまり股が痛くなるから痛くならないサドルを探しているという人が多いと思います。
 
 
でもちょっと待ったΣ(゚Д゚)
 
 
某自転車雑誌によると100km未満の距離で痛くなるようならそれはサドルがあっていないとはいえないとか。
 
サドルを交換せずにも以下の方法で痛みを解決できるかもしれません。ぜひ試してみてください。
 
 
 

サドルのポジションを調整する

画像はGCNより
 
 
サドルが高すぎると股をサドルが圧迫し、痛くなる原因となります。
 
適切なサドル位置はペダルがサドルから一番離れた位置にあるときに足のかかとがペダルにつくくらいと言われています。
 
 
かかとがペダルにつかなかったら要注意です。
 
 
 
 
MESI
逆に低すぎるとサドルに体重かかって痛くなるからね
 
他にも「サドルの中心に座る」「座面が地面と水平になるようセットする」ことを意識しましょう。
 
 

信号待ちの時にサドルから下りる

信号待ちの時に縁石に足をつきサドルに乗った状態で待つ人が多いこと多いこと。
 
面倒くさいですが地面に足をついてサドルから腰を下ろしましょう。
 
これをやるのとやらないのでは大違い!
 
長距離になるほど効果を実感することができます。
 
 

こまめにダンシングを入れる

 こまめにサドルから腰を浮かして尻を休ませましょう。
 
 

レーパンを履く

レーパンには股の部分にパッドが入っているためそれがクッションになり股が痛くなりにくくなります。
 
大抵の場合レーパンで解決できるとか。
 
 
え?レーパンは恥ずかしい?(´・ω・`)
 
 
ならこの記事を見るんだ!Σ(゚Д゚)
 
 
 
 
MESI
どうしても恥ずかしいのならズボンの下に履いてもいいぞ!
 
 

速く走る

 速く走るにはペダルに力を加える。つまりペダルに体重がかかり、サドルへの荷重が減るわけです。
 
サドルへの荷重が減れば尻への負担が減りますね。
 
プロ選手でもイベントでビギナーとゆっくり走ると尻が痛くなってしまうとか。
 
 
MESI
でも速く走れたら苦労はしねぇ!
 
 
 
一番難しい解決方法です…
 
 

スポンサーリンク

 

軽さにこだわってはいけない!

 
アゴの長い佐々木君
ロードバイクは軽さが正義!サドルも軽いやつが良いでござる。
MESI
バカ野郎!
 
アゴの長い佐々木君
えっダメなの?なんで?
 
MESI
サドルを軽さで選ぶのは結婚相手を顔だけ見て決めるようなもの。顔よりも自分との相性が重要だろう?
 
アゴの長い佐々木君
いや顔で選ぶけど...
 
MESI
話が進まなくなるからうんと言ってよ…
 
 
ロードバイクは軽さが正義!
 
なので多くのロード乗りは軽いパーツを使いたがる。
 
 
しかしハンドルを軽量なものに変えてもせいぜい50g~100gの軽量化にしかならない。
 
一方サドルは重い物と軽いものの差が大きく場合によっては200g以上の軽量化が可能な部分。
 
つい軽量化を狙って軽いサドルを選んでしまう。
 
 
しかし軽量なサドル誰でも使いこなせるわけではないのです。
 
 
 
軽いサドルには主にカーボンが使用され、お値段がぶっ飛んでいるものが多い。
 
サドルは基本的に軽いものほど高価でレース向け。
 
軽くするためにクッションは最小限!固いです。重量はだいたい150g以下。
 
 
なので軽量なサドルを使いこなすには体重のほとんどをペダルにかけられる強い体幹が必要なのです。
 
 
ハンドルに手は添えるだけ。
 
サドルに尻は添えるだけ。
 
 
 
↑これはフルカーボンのサドル!
 
クッション性?何それおいしいの?(^Д^)なスタンス
 
ヒルクライム決戦用です。
 
高負荷で登るヒルクライムでは体重がほとんどペダルにかかるのでカチカチでもなんとかなる。
 
ゴールまで尻が持てばいいという感じのサドルですね。
 
 
 
初心者ほど軽量なサドルは向きません。尻が死にます。
 
だれでも軽量なサドルを使いこなせるわけではないのです。
 
 
 

サドル選びにおいて注目すべきところ

クッション性について

 
 
クッション性が高いサドルはクッションのぶん重い!
 
軽さが正義のロードバイクにはあまり重いパーツは付けたくないもの。
 
 
それにクッション性が高いと路面からの衝撃を吸収してくれる反面、自分がペダルに加える力も吸収されてしまい諸刃の剣なのです。
 
 
車重が重くなっても気にしない。速く走れなくても気にしない人向き。
 
 
MESI
ロードバイクのサドルに慣れていない初心者はクッション入りのサドルカバーを使うのはあり!
 
 
 
 

レール素材について

 サドルのレールはカーボンor金属に分かれます。
 
レールが金属よりカーボンの方が路面からの衝撃を吸収してくれますが、高価。
 
 
 
高価なサドルはレース向けなので乗り心地の良さを求めてカーボンレールを選択するのはおすすめしません。
 
また、カーボンレールだとレール断面が真円ではなく楕円なのでカーボンレールに対応したシートポストが必要です。
 
 
 
 
 ちなみに私の使っているサドルのレールは貧乏なので
トルク管理が面倒くさいので金属です。
 
 

フラット型か谷型か傾斜型か?

MESI
この3つのサドルを見てくれ!どれも違うだろう?
 
アゴの長い佐々木君
…そう?全部同じに見えるでござるが
 
 
MESI
ちっこれだから素人は困る。よく見ろ。横から見たら一目両全だ!
アゴの長い佐々木君
本当だ!サドルの色が違うでござる
 
MESI
そこじゃねぇΣ(゚Д゚)
 
 
 
サドルには大きく分けて3つ。谷型、フラット型、そしてフラット型の延長の傾斜型が存在します。
 

谷型

 
谷型のサドルはこの谷の部分にお尻がハマります。
 
点ではなく面で座ることができるので安定したペダリングができるのが特徴です。
 
ずっと同じ場所で座り続ける人向け。
 
 

フラット型

 
サドル面がフラットなサドルはどこに座ってもフラット!
 
座っているときに前後移動しやすくポジションを変えやすいです。
 
谷型サドルと比べて尻との接地面が少ないため尻が痛くなりやすいかも…
 
 

傾斜型

 
前に向かって傾斜があるサドルです。
 
この傾斜があるため前傾姿勢をとりやすくなっています。
 
レース向けサドルです。
 
 

スポンサーリンク

サドルの幅

サドルには幅の狭いものから広い物まで存在します。
 
普通は座骨幅が狭い人は幅の狭いサドル、座骨幅が広い人は広いサドルを選びます。
 
座骨というのはお尻を手で触った時に出っ張った左右で2つある骨のことです。
 
アゴの長い佐々木君
さっそく座骨幅を計測するでござる!でもどうやって計測するでござるか?
 
 
座骨幅の計測方法は段ボールを使いましょう。
 
段ボールの上に座ると座骨部分が段ボールにめり込みへこみます。
 
この時ズボンは履かずにパンツ一丁で座りましょう。(スッポンポンでもいいけどΣ(゚Д゚))
 
そしてへこみ部分の中心に点を書き、点同士の直線距離を測ります!
 
 
 
一般的にはサドルの横幅は座骨幅+1~2cmが丁度いい幅だと言われています。(*´Д`)
 
 ただしメーカーによって違うので注意。(スペシャライズドとか)
 
↑スペシャの座骨幅に対する適正サドル幅
 
MESI
私の坐骨幅は105mmでした。
 
 
アゴの長い佐々木君
フフフ。拙者は115mmでござる。
 

穴が空いているかどうか

 
 
サドルに穴が開いていることによってチン…
尿道などの大事な部分を圧迫から逃がしてやることができます。
 
 
股の痺れを感じる人は穴あきサドルが有効!
 
ただし本来は尿道付近にかかっていたはずの圧力を座骨などが支えないといけなくなるため座骨が痛くなる可能性があります。
 
 
 
 
穴ではなく溝が彫ってあるタイプの物もある。
 
 
アゴの長い佐々木君
下ハン時にアゴがステムに当たる拙者は穴あきステムが欲しいでござる
 

サドルの横座面が丸いか平らか

 
 
サドルの横座面が平らなタイプだと端の部分が食い込み痛みが出ることがあります。
 
一方丸いタイプだと股の中心が圧迫されることがあります。
 
 
 

スポンサーリンク

おすすめサドルメーカー

 おすすめのサドルメーカーを6+1個紹介します。

SPECIALIZED スペシャライズド

 
座骨幅でサドルを選ぶことを推奨しているメーカーがスペシャライズド。
 
私が現在愛用しているサドルがスペシャライズドのサドルです。
 
 
1つのモデルに異なるサドル幅が用意されています。
 
スペシャライズドストアに行くと座骨幅を測定するための専用の計測器があり、それを使用してサドルを決定します。
 
私は前に説明したように段ボールを使って自分で測定し、オンラインストアで購入しました。
 
 
 
私的にスペシャライズドのサドルはS-WORKSのパワーシリーズがおすすめです。
 
チームSKYのフルームがジロでロゴを隠して使ってました。
 
 
 
パワーシリーズはサドルのノーズ部分が短くTT用サドルのような見た目が特徴!
 
足が回しやすくペダリングがしやすいです。
 
最上位モデルでも27000円と安いのも魅力!
 
アゴの長い佐々木君
最上位モデルが27000円って安いでござるか?
 
MESI
メーカーによっては4万円以上するんだよ。
 

fi’zi:k フィジーク

 
定番オブ定番サドルメーカーのフィジークです。
 
フィジークのサドルはアリオネ、アンタレス、アリアンテの3種類!
 
フィジークはこの3種類のサドルから体の柔軟性で適切なモデルを決定する「スパインコンセプト・EVO」というフィッティング方法を実施。
 
自分でも簡単にできますね。
 
 
また、フィジークはテストライドサドルを実施しています。
 
これを導入しているショップにはテストサドルが設置してあり、サドルを借りて実際に使ってみることができます。
 
使ってみてから購入するかどうかを決められるので自分に合ったサドルを見つけやすいです。
 

アリオネ

体の柔軟性が高い人向き。フィジークの代表作ともいえるサドルです。オールマイティーに使えるというレビューが多いですね。

アンタレス

軽量な短距離レース向けサドルです。腰の位置をこまめに変える人に向いています。

アリアンテ

体の柔軟性が低い人向き。クッション性が高く快適性が高いです。

 

fabric ファブリック

公式サイトを覗くと「世界初のサドルデザイン」やら「革新的なサイクリングサドルを提案する」やらの言葉が並び、まるでApple社のサイトような雰囲気がある。
 
 
 
fabricは最近新しく出てきたメーカーです。
 
今までのサドルの常識を覆すようなデザインのサドルを作っているイメージがありますね。
 
例えばcellというモデル。
 
MESI
なんじゃこりゃ~!
 
 
また、お値段が他社よりリーズナブルで手を出しやすいのがグッド!
 
 
 
以下定番モデル

SCOOP スコープ

スコープにはサドル形状で3タイプに分かれています。

FLAT
 その名の通り横から見てフラットな形状のサドルです。軽量でレース向けです。
SHALLOW
 
やや谷型のサドルです。長時間ライドからサイクリングまでオールマイティに使えます。
RADIUS
 
典型的な谷型サドルですね。アップライトなポジションをとりやすく快適さを重視したモデル。
 

LINE ライン

 
フィジークのようにファブリックのサドルには穴あきタイプのサドルが無く、代わりに溝が彫ってあるタイプのサドルが存在します。
 
スコープサドルがベースになっていて価格は1万円未満でリーズナブル!
 
 

BROOKS ブルックス

 
ブルックスといえば革サドル!クロモリロードに組み合わせるとカッコいい!
 
創業当初から変わらない製法で品質第一の理念にこだわってサドルを製造しているメーカーです。
 
ただ伝統に縛られるのではなくチタンレールやカーボンレールを取り入れるなどその時代に合った物づくりをしています。
 
 
革サドルのメリットは使い込むほど自分のお尻の形状に馴染みフィットすること。
 
 
 
使い込むほど味が出る革の魅力…
 
欲しいΣ(゚Д゚)
 
 
 
ただし重量が重いのが弱点ですね。
 
100年以上にわたって生産されるベストセラーモデルのB17 STANDARDはなんと520g!
 
重いですね(゚Д゚;)
 
重さなんて気にせずクラシカルな雰囲気を楽しみたい人向け。
 
 
 
因みにカーボンレールモデルのC13 CAMBIUM C132は250g!
 
 
これならギリギリ許容範囲ではないでしょうか。
 
 
私がクロモリロードのラレー用に欲しいサドルです。
 
 

スポンサーリンク

TIOGA タイオガ

 
 
タイオガのサドルと言ったらスパイダーサドルが有名ですね。
 
メッシュ状の樹脂のボディにレールのみというインパクトある見た目をしています。
 
重量は非常に軽いです。
カーボンレールモデルのフラッグシップ、スパイダー ツインテール 2は120g!Σ(゚Д゚)
 
 
レビューを見ると好き嫌いが激しく、合う人には合うし合わない人には合わないみたい。
 
 
 
魅力としては一番グレードが高いモデルでも19000円と安い!
 
もし尻に合えば低価格で120gという超軽量サドルが手に入りますよ!
 
普通だったらこのクラスの軽量サドルは4万円以上はします。
 
 
 
また、偽物が多く出回っているので要注意!
 
ネットで格安で売られているのは偽物である可能性が高いです。
 
心配ならTIOGAの取り扱いのあるショップまで足を運んで購入しましょう。
 
 
 

Selle ITALIA(セラ イタリア)

セライタリアのサドル

サドルの老舗ブレンド。セライタリアです。

セライタリアの公式サイトはコチラ!

穴あきサドル、カーボンサドルなどは実はセライタリアが元祖。

 

ラインナップ

FLITE

傾斜型サドル ノーズ部分が細いのが特徴。

 

SLR

競技向けモデル。フラット型サドルで薄い座面ながら快適性が高いです。

 

Novus

谷型サドル。点ではなく面で座ることができ、安定したペダリングが可能です。

 

豆知識

セライタリアのサドルにおいて名前の最後にフローとあるものは穴あきサドルです。

 

ID MATCHシステム

セライタリアではID MATCHシステムであなたにとって最適なサドルを見つけます。

ID MATCHシステムは

  1. 大転子部(大腿骨上部の大きな突起)の距離の測定
  2. 大腿最上部の周囲長を測定
  3. 骨盤の傾きを測定

の3ステップ!この結果とデザインや重量、用途に応じてサドルを決定します。

ID MATCHシステムを導入しているショップ一覧はコチラ!

 
 

番外編 マンタ MS-9

 
 
MESI
何だこのサドルは…
 
こんなサドルが自転車についてたら思わず二度見してしまいますね。
 
 
 
重量は650g!
 
 
重いな!Σ(゚Д゚)
 
快適性が高く、尿道の圧迫を軽減、血行改善など様々なメリットがあるらしい…
 
 
人と違うものを使いたいサイクリストはぜひマンタ MS-9を(笑)
 
 
 
 

運命的なサドルの見つけ方

サドルを探しているときにネットのレビューを参考にするのもいいですが、やっぱり一番大事なのは実際使ってみること。

評判が悪いサドルだったとしても使ってみたらすごく良かったり逆に評判が良くても自分には合わないということは珍しくありません。

試乗会に積極的に参加する

ショップなどの試乗会には積極的に参加しましょう。

試乗車についていたサドルがあなたの尻にビビッとくるかもしれませんよ!

 

テストサドルを試してみる

フィジークなどのメーカーはテストライドサドルを用意していて実際借りて使ってみることができます。

とにかくいろいろ試してみましょう。

 

サドルを椅子に置いて座ってみよう!

最後にバイシクルクラブに掲載されていたサドルの探し方を紹介します。

その方法はサドルを椅子において座ってみて違和感がないかどうかというもの。

 

サドルを椅子において座ってみて痛かったらそのサドルは合わない。

いろいろな形状なサドルを試してみて消去法的に自分に合うサドルを探してみましょう。

 

椅子の上のサドルは不安定。だからこそ安定して痛くない位置を探せるとのことです。

 

試すときはお店の人に座ってみていいか聞いてから試しましょう。

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です