DURA-ACEとULTEGRAに違いはあるのか?R9100とR8000を比べてみたよ。

DURA-ACE。

それはシマノの最高の技術が詰まったコンポーネント。

値段はセカンドグレードのULTEGRAの倍というボッタクリ?な価格設定。

ネットで調べると「デュラエースとアルテグラは天と地の差がある」という噂もあれば「ほとんど変わらない」という噂もある。

どっちだよ!∑(゚Д゚)

とツッコミを入れたいのは私だけでないはず…

どっちが正しいのかが気になりすぎて夜しか眠れない日々を過ごしていたワタクシ。(バッチリ眠れてんじゃねぇか…∑(゚Д゚))

 

先日そんな私に両方使用できる機会がありました。

そう。コルナゴの試乗です!

コルナゴの試乗をした時にV2-RはDURA-ACE R9100、C-RSにはULTEGRA R8000が搭載されていたので比較することができました。

MESI
本記事では普段105を使用している私が感じたことを話します!

スポンサーリンク

数字でわかる性能差、重量について

数字は客観的に判断できるので便利な道具。

私は理系なので数字にはお世話になっています。

コンポーネントの性能を数字化できる部分は重量。

DURA-ACEとULTEGRAの重量差はどれくらいなのか?

その結果がコチラだ。

  ULTEGRA R8000 DURA-ACE R9100
クランクセット(170㎜,50-34T) 674g 609g
STIレバー 440g 365g
ブレーキ 360g 326g
フロントディレーラー(直付け) 92g 70g
リアディレーラー(SS) 200g 158g
ボトムブラケット(圧入) 63g 54g
チェーン 257g 247g
スプロケット(11-28T) 251g 193g
合計重量 2337g 2022g

DURA-ACEの方が315g軽い。

MESI
315gと言ったら飲みかけのボトルくらいかな?

DURA-ACE R9100の重量を測定。カタログ値との差はどれくらいあるのか?

2018年12月15日

リアの変速性能

DURA-ACEもULTEGRAも変速はそりゃあもうヌルヌルと変速する。

感覚的に105より少しだけ軽い力で、そして短いストロークで変速できます。

ただしDURA-ACEとULTEGRAとではほとんど差は感じられません。

リアの変速はすでにこれ以上改良の余地がないくらいには来ているのでどのグレードも素晴らしいです。

あとチェーンに高いテンションがかかっているときに変速すると105だと

「ガッガガガッチャン!」

と嫌な感じに変速することがあるのですが、DURA-ACEだとそれがほぼありません。

ULTEGRAもほとんどないです。

MESI
チェーンに高いテンションがかかっているときにに限っては105とULTEGRA以上のグレードに大きな壁を感じたよ

STIの大きさ

見た感じも握った感じもDURA-ACEもULTEGRAも同じ。

どちらも105よりコンパクトで握りやすい。

MESI
手の小さい私のような人間にはアルテグラとデュラエースのSTIはかなり良い!

スポンサーリンク

 

フロントの変速性能

DURA-ACEでフロントの変速をしたとき、シュルン!とチェーンがインナーからアウターに上がりました。

クソ滑らかですΣ(゚Д゚)

何かに引っかかるような感じもなくほんとにニュルニュルとアウターに上がってしまった。

MESI
新型のフロントディレイラーヤバイっすわ!

しかしULTEGRAも同じくらい滑らかに変速しました。

DURA-ACEとの違いは若干ULTEGRAの方がレバーを倒すのに力が必要なような気がしたくらいですね。(;´・ω・)

微妙な差…プラシーボかもしれん

ブレーキの効き具合

どちらも良く効きます。

私はブレーキは6800のULTEGRAを使用しているのですがどちらも6800アルテと大差ないように思えました。

新型は重量が増えた分、剛性が上がったみたいですがわかりませんねぇ。

MESI
時速60㎞を超える高速ダウンヒルなら違いがわかるかもしれない…

質感の違い

ロードバイクは高いものほど仕上げの綺麗さ、塗装の美しさなど性能に関係ないところまで作りこまれています。

アルミフレームとか見るとエントリークラスの物より高いアルミフレームの方が溶接部分が美しい。でしょ?( -_・)?

そしてコンポーネントにもグレードによって操作した時の質感に差がある。

グレードの低いコンポーネントは見た目も操作感もプラスチックっぽいのだ。

MESI
私の105のレバーとか変速時にプラスチック感があるんだよね~

じゃあ新型のDURA-ACEとULTEGRAはどうか?

両方ともかなり質感が良い!でもDURA-ACEの方が上質な感じがあります。

DURA-ACEを使っていると自分は良い道具を使っているんだという優越感に浸れますね。

スポンサーリンク

 

結論。どちらもほとんど変わらない?

 DURA-ACEとULTEGRA。

デュラは別格だぜ!!!Σ(゚Д゚)

と書きたいところですが私はそこまで大きな差を感じることはできませんでしたね(;´・ω・)

違いのわかる男になれませんでしたよ。

でもDURA-ACEは別格という意見があるのにほとんど変わらないと感じたのはなぜか?

推測ですが、普通に使うぶんにはアルテグラとほとんど変わらないからだと思う。

例えばフェラーリも軽自動車もどちらも100㎞/h出ますからね。

普通に走る場合はフェラーリは力を発揮できないのですよ。

つまりデュラエースもプロのレースのような過酷な状況でこそULTEGRAとの差が出るかもしれません。

DURA-ACEはこんな人におすすめ

  • ドヤれる

普通の人は高級腕時計を買うのがステータスになるのですが、ロード乗りにおいては高級コンポを使うのがステータスなのであります。

はっきり言ってコンポーネントが高級でも全く速くはなれません。

無駄とも思えるような場所にどれだけ金を使えるか。

それが重要なのだ!Σ(゚Д゚)

また、何年か経って古くなった時にDURA-ACEはいつまで経ってもDURA-ACEなのです。

ULTEGRAだと

「何そのコンポ?ああ、アルテグラか…」

となる。

ULTEGRAは型落ちで古くなると一気に価値がなくなるのです。

MESI
一方DURA-ACEは古くなっても価値があるのだよ

ULTEGRAはこんな人におすすめ

  • 機材より足で語りたい人

周りよりグレードの低い機材でレースで勝ったらカッコいい。

まるで漫画の主人公みたいですよね。相手より弱い武器で勝ったらカッコいいじゃないですか。

表彰台で「エンジンはDURA-ACEなのでw」と言いましょう(笑)

最後に

今回はDURA-ACEとULTEGRAを実際使用してみた感想を主に書きました。

普段105を使っている私には大きな差は感じられませんでしたね。

普段ULTEGRAやDURA-ACEを使っている人ならわかるかもしれませんが、そういう人でないとわからないレベルの差。

CYCLE SPORTSでも同じようなことを言ってます。

アルテグラR8000シリーズは、コンポーネントとしての機械的な性能の部分のグレードアップだけでなく、操作フィールという官能性能にも磨きをかけ、より上質なコンポになった。上位モデルのデュラエースR9100シリーズに迫る性能を得たと言っても過言ではなく、R9100シリーズとR8000シリーズをブラインドテストしたら、両者の違いが分からないのでは——と思わせるほどだ。

引用  シマノ・新型アルテグラR8000シリーズ 緊急試乗レポート

 

デュラの方が315g軽いのですが、この差に追加で10万円近く出せるのかといったところ…

まぁロードバイクは自己満の世界なのでそこを気にしてはいけないのかもしれませんね。

おしまい(´・ω・`)

 

2018年3月10日追記

105とアルテグラの違いに焦点を当てた記事も書きました。

よろしければ御覧ください。

関連記事『105とアルテグラにはどれくらい違いがあるのか?5800とR8000の比較インプレ!

105とアルテグラにはどれくらい違いがあるのか?5800とR8000の比較インプレ!

2018年3月10日

2019年3月17日追記

実際にDURA-ACEを購入して使用してみた記事はコチラ!

格安でした。DURA-ACE(デュラエース)のフルセットを購入してしまった話

2018年12月1日

【レビュー】デュラエースは最高だ!コンポをDURA-ACE R9100にして変わったことについて語ろうか

2019年3月17日

スポンサーリンク



チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


ブログに書くほどでもないくだらないことはTwitterでつぶやいてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です