【S-900】SRAMがダイレクトマウントブレーキを出すらしい。CANYONのおかげかな?




3大コンポーネントメーカーのうちSRAMだけ使ったことがない男。MESIです。

別にSRAMが嫌いとかそういうわけでなく周りに使っている人がいないので触る機会がないのです。(´・ω・)

 

 

SRAMのコンポーネントといえば一つのレバーでシフトアップとシフトダウンができるダブルタップレバーが特徴ですね。

そして見た目がカッコイイ!!

 

カンパニョーロのコンポが美しいのに対してスラムのコンポはカッコイイのです。(シマノはう○ち)

 

 

そんなスラムがダイレクトマウントブレーキを出すみたい(´・ω・`)

 

 

 

『ダイレクトマウントブレーキって何?』

 

 

『ダイレクトマウントブレーキというのはエアロフレームなんかが採用しているブレーキ。

 

フレームとブレーキに一体感が出てエアロになったりといったメリットがあるんだ。』

 

 

 

スポンサーリンク

スラムのダイレクトマウントブレーキ。SRAM S-900!

 

SRAMのダイレクトマウントブレーキ。

その名はS-900!

 

気になる重量は前後セットで326g!

 

ちなみにシマノDURA-ACEのダイレクトマウントブレーキは前後セットで307g(公式サイト情報)

 

 

 

 

シマノに負けてんじゃねえか!Σ(゚Д゚)オオイ

 

 

 

 

スラムといったら超軽量コンポを作ってるイメージがありますがぬわんとシマノより重たいみたいです。

 

まあブレーキは安全に関わるパーツなので変に重量にこだわって効かないブレーキ出すよりは良いのかな(´・ω・`)

 

 

SRAMとカンパがダイレクトマウントブレーキを出したのはCANYONのおかげ?

ダイレクトマウントブレーキというのはエアロフレームなんかが採用しているブレーキ。

ダイレクトマウントブレーキが採用されてるフレームには普通のキャリパーブレーキはつきません。

 

 

昔はダイレクトマウントブレーキは3大コンポメーカーの中でシマノしか販売してませんでした。

 

だからダイレクトマウントブレーキを採用したフレームをカンパやスラムで組もうとするとブレーキに困ってしまうのだよ。

 

 

例えばCANYONのエアロードとか、

 

あとCANYONのエアロードとか、

 

他にはCANYONのエアロードとか!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

ツールで活躍するチームのモビスター

モビスターが使用している機材はCANYONで使用コンポはカンパニョーロ。

 

そしてCANYONのエアロードはダイレクトマウントブレーキ採用のフレーム

 

 

昔はカンパはダイレクトマウントブレーキを作っていませんでした。

 

 

そんなモビスターの苦肉の策。

 

引用 https://www.cyclowired.jp/

 

 

シマニョーロ!Σ(゚Д゚)ドン

 

 

シマニョーロとは。

ロードバイクのコンポーネントでシマノとカンパニョーロを混合して組むこと。

統一感がないと揶揄されることがある。

 

僕の脳内ペディアより抜粋

 

ブレーキだけシマノのDURA-ACEのものを使用してますね。

 

そんなモビスターのためかは知りませんがカンパは重い腰を上げダイレクトマウントブレーキを作りましたよ。(DEROSA SKの影響もあるんだろうけど)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そしてカチューシャ・アルペシンというチーム。

このチームもモビスターと同様にCANYONの機材を使用してます。

 

違うのはコンポーネントに現在SRAMを使っているということ。

前はシマノを使用していたのですが2016年からSRAMに乗り換えたのです。

 

 

そしてやはり直面してしまいました。

 

ブレーキの問題に。

 

 

 

カチューシャもやはりこうなる。

 

 

 

 

スマノだ!Σ(゚Д゚)ドン

 

 

スマノとは

ロードバイクのコンポーネントでシマノとスラムを混合して組むこと。

ちなみに「スマノ」は僕が勝手に作った言葉なので間違っても人前で使ってはいけない。

 

 

カチューシャ・アルペシンもシマノのブレーキを使っておりますね。(´・ω・`)

 

 

そして今回SRAMがダイレクトマウントブレーキを開発してきた。

きっとカチューシャ・アルペシンのために開発したのではないでしょうか?(たぶん)

 

 

 

 

 

これってCANYONがカンパとスラムにダイレクトマウントブレーキを作らせたことにならない?

 

 

CANYONすげぇ!Σ(゚Д゚)(CANYON愛好家の叫び)

 

 

 

 

BB下には対応してないみたい

SRAMがダイレクトマウントブレーキを作ったことで

 

『うおっしゃ!俺様のエアロフレームがフルスラムで組めるぜ!!!( ゚д゚ )クワッ!!』

 

との喜びの声が聞こえてくるかもしれません。

 

 

しかし喜ぶのはまだ早い。

 

今回のスラムのダイレクトマウントブレーキはシートステーのブレーキでBB裏ブレーキには対応してないみたいです。

 

 

 

なのでMERIDAのリアクトのようなエアロロードはまだ完全にスラムでは組めないみたい。

 

価格と発売時期は?

スラムのダイレクトマウントブレーキS-900は

フロント18000円+税

リア18000円+税

(ワイズロードの大阪本館での値段)

となるようです。

 

販売時期はまだ詳しくはわかっていませんが、3月頃と予想されています。

 

 

 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません



スポンサードリンク







2 件のコメント

    • むむ~。Factorをスマノ状態で組んでしまいましたかΣ(゚Д゚)
      まぁスラムよりシマノのダイレクトマウントのほうが軽いみたいだし軽量化だと思いましょ!(´・ω・`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です