COLNAGO C64が発表!C60との違いを比較してみた。




高級自転車のコルナゴに乗っております。MESIです。

といっても私のはミドルグレードなので大して高級ではないのですがね(´・ω・`)

 

皆さん2月9日はなんの日かご存知ですか?

 

 

 

 

『そんなの簡単!肉の日でござるよ。29だけに!

さっそくトリの丸焼きを焼くでござるよ。』

 

 

『そのとおりだ!2月9日は肉の日…

 

 

って違ああああああぁぁぁぁう!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

コルナゴファンの方ならわかるかもしれません。

 

そう。2月9日はコルナゴの創始者、エネルスト・コルナゴの誕生日!

 

今年で86歳になるらしいよ!( ゚д゚ )クワッ!!

 

そんなエネルスト氏の誕生日に合わせて発表されたのがCOLNAGO C64!

 

私は前にC60に試乗したのですが固くてよく進むし乗り心地がとても良い。

そんなバイクでした。

 

関連記事『COLNAGO C60試乗インプレ!速くてやさしいバイクです。

 

 

そんなC60がどう進化したのか見てみましょう!

 

 

公式pv。C64カッコイイなおい!Σ(゚Д゚)

 

 

スポンサーリンク

大幅に軽量化

今回コルナゴがCシリーズを新しくするのに課した最大のテーマは『軽量化』!

 

COLNAGO C64のフレーム重量は900g(500Sサイズ、未塗装)

ついに1kgを切りましたね。

 

前作のC60より184gも軽量化されました。

 

 

もうラグフレームが重いと言うのは過去の話!

そう。COLNAGO C64ならね!Σ(゚Д゚)

 

エアロになりました

 

C64のシートポストを見てすぐにわかりました。

シートポスト形状がコルナゴの軽量エアロロード。V2-Rと同じだということに!

 

V2-Rのシートポスト

 

 

C64のシートポストにはV2-Rと同じカムテール形状、D Shapeなのです。

 

カムテール形状が好きな私としてはこれは嬉しい。

カムテール形状カッコよくないですか?(´Д`)ハァハァ

 

 

また、ワイヤーがフレーム内蔵になりました。

アウターケーブルの取り回しもV2-Rにそっくりです。

 

C64のアウターケーブル取り回し

V2-Rのアウターケーブル取り回し

 

 

先代のC60はある程度内蔵だったのですがリアディレーラーのチェーンステー部分は外装式。

 

C64はチェーンステー部分も内蔵です。

まあワイヤーの張替えを自分で行う私としては外装のほうが良かったかな…(*´Д`)

 

 

ダイレクトマウントブレーキを採用

引用 https://www.cyclesports.jp/

 

コルナゴC64のブレーキはダイレクトマウント式のブレーキが採用されています。

ブレーキとフレームの一体感が増してここでもエアロを狙ってますね。

 

メンテナンス性も考慮されていてリアブレーキはBB裏ではなくシートステー側!

 

お値段は…

コルナゴの新型フラッグシップ。

軽いしエアロだしカッコイイ。

 

 

『でもお高いんでしょう…?』

 

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その通りです。お高いのです!Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

通常モデルでなんと65万円!

繊細なペイント塗装のアートデコールモデルだと69万8千円!

 

 

 

(´-`).。oO(石油でも掘り当てないと買えないな…)

 

 

 

 

 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません



スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です