ロードバイクが絶望的にモテないスポーツである5つの理由




どうも。彼女いない歴=年齢のMESIです。(2017年10月現在)

 

モテる男のモテ要素としてスポーツができることが上げられる。

サッカー、バスケ、スケボ、ダンスなどが上手いとモテること間違いなしだろう。

 

しかし悲しいことにモテないスポーツも存在する。

 

それはロードバイクだ!Σ(゚Д゚)ドン

 

モテるためにロードバイクを始めようってんならまだ遅くないから他のスポーツを始めるべきである。

今回はなぜロードバイクがモテないのかについての考察です。

 

スポンサーリンク

ファッション性のなさ

自転車競技では空気抵抗を少なくする必要があるためピチピチで水着のようなジャージを着る必要がある。

見方によっては罰ゲームのような恰好であり、あのピチピチジャージが嫌な人は多いのではないだろうか?

 

正直レーパン姿で街を歩くのは勇気と覚悟が必要だ!

考えてみれば着ることを躊躇われるような恰好がカッコいいはずもなくモテるはずがないのだ。

 

昔は太っている人は裕福な証としてモテた。しかし今は痩せている人がモテる。

それと同じようにダボダボした格好ではなくピチピチの恰好がモテるようになる日が来ることを祈るのみである。

アホみたいに金がかかり理解されない

例えばサッカーはサッカーボール1個あれば楽しむことができる。

しかしロードバイクは違う。ロードバイクを楽しむには最低でもロードバイクがないと始まらない。

 

しかもエントリークラスの安いやつでも10万円はする世界だ。

自転車に乗らない人からしたら自転車に10万とか馬鹿じゃんと呆れられる。

 

なぜなら「自転車=ホームセンターで1万円くらいで買えるもの」という認識が一般的となってしまっているからだ。

それに自転車というのは誰もが乗ったことがある乗り物であり、なんとなくで想像されてしまう。
彼らにとって自転車なんてちょっとコンビニに行くための道具でしかない。

 

なのでロードバイクの良さを伝えるのは難しいのだ。

自転車に100万かけたなんて言ったらモテるどころか引かれるので要注意だ!

 

デートの待ち合わせ場所にフェラーリで登場したらカッコいいがCOLNAGO C60で登場しても引かれてしまうのである。

選手の顔が見えない

ロードレースはヘルメットにアイウェアが必須のスポーツ。

 


顔が、


見えないんだよぉ!


その!


顔が!!!!!

 

どんなにイケメンでも顔がわからないのである。

イケメンざまあぁぁぁww!!!Σ(゚Д゚)

 

ロードレースを見ていてもどいつもこいつもヘルメットにアイウェア。

おまけに大人数で集団となって走るため誰がどこにいるのかさっぱりわからない。

何度も観戦するとジャージ、体格やゼッケン番号からある程度選手がわかるようになるが最初のうちは楽しめないであろう。

それにロードレースには空気抵抗やら逃げやらの知識が必要で初心者は見ていてさっぱりわからない。

 

モテるスポーツの条件に「見ていて楽しめること」、または「一緒に楽しめること」が必要だ。

しかしロードバイクは敷居が高いため一緒に楽しむことが難しく、レースを見てもわからずツマラナイという非モテ要素のオンパレードなのだ!Σ(゚Д゚)

 

スポンサーリンク

汗でべたべた。爽やかさがない!

ロードバイクは汗をたくさんかくスポーツである。

私なんかはロードバイクに乗ると散水車のごとく汗をまき散らす!

 

汗とヘルメットによって髪型はぐしゃぐしゃになるしジャージはびしょ濡れ。

とても爽やかなスポーツではない。

 

モテるには爽やかさが必要なのにロードバイクに爽やかさなど皆無!

ロードレースはまるで泥沼の中で戦いもがき勝利を手にするようなイメージがある。

 

シクロクロスはもはや本当に泥の中で戦うためレース後は全身泥で大変なことになる。

レース後にハグなどしたくないくらい汚れるのでモテ要素など一切ないのである。

カッコいい筋肉がつかない

ロードバイクは持久力が必要なスポーツ。

筋肉には瞬発力があるが持久力の低い白筋、瞬発力がないが持久力のある赤筋が存在し、ロードバイクに必要なのは赤筋である。

 

残念ながら赤筋は筋肥大しにくいのだ。

 

ロードレースを初めて見る人は選手の体の細さに驚くことが多い。

特にクライマーなんかは赤筋が多いだけでなく必要ない筋肉をそぎ落としているため本当にガリッガリの体をしている。

 

腹筋の割れたカッコいい体は白筋が多い体であり、赤筋の多い体は残念ながらカッコいい体にはなりにくいのだ。

 

どうしてもカッコいい体のロード乗りになりたいなら白筋が比較的多めであるスプリンターになることをオススメする。もしくはガリガリな体フェチの女の子を見つけよう…(どんなフェチだよΣ(゚Д゚))

 

最後に

ロードバイクがモテない理由をつらつらと書いてきました。

しかしモテなくても気にすることはありません。

 

日本は一夫多妻制ではありません。

どんなにモテようと結局は1人しか選べないのです。

 

つまりどんなにモテなくても自分を理解してくれる1人を見つけることができれば解決なのです。

という負け犬の遠吠えを吐いて今日はおしまい!Σ(゚Д゚)モテタイ

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です