自転車用品を圧倒的安さで買おう!!海外通販について解説します!




どうもこんにちは。MESI です。

みなさんロードバイクにお金はかけていますか?

ロードバイクを買ったらそれで終わりという人はあまりいません。

多くの人は沼にハマり、ホイールやらサドルやらコンポやらをよりグレードの高いものに交換したくなるはず。

 

「ロードバイクは最初に自転車本体とその他用品くらいしかお金のかからない趣味だよ」とロードバイクを布教する人がいますが彼らは詐欺師です。気をつけてください。

その言葉に騙されてロードバイクを購入した人はみるみる沼にハマり、ロードバイクの改造にお金を使うことでしょう。

 

そう。ロードバイクは本当にお金がかかる趣味なのですΣ(゚Д゚)ドン!

ホイールがうん十万は当たり前。下手するとハンドルだけでママチャリ2台、3台が買えてしまう。

 

自転車用品が少しでも安く買えたらなぁ~と誰もが一度は思うはず…

 

しかしあるんですねぇ。高価な自転車用品をかなり安く購入する方法が(@_@)

 

その方法は海外通販!

 

みなさん海外通販はご存知ですか?

その名の通り海外からネットで商品を購入することです。

 

海外通販は我々自転車乗りには欠かせないもの。

私が初めて海外通販を知ったときの衝撃と言ったら、小学生の時いつも飲んでるジュースには果汁が1%しか入ってないことを知ったとき並の衝撃でしたよ。

 

日本で買うのがバカバカしくなってしまう。

一度その味を知ってしまうともう国内で購入できん!!!(@_@)

 

例えばミドルグレードホイールのZONDA。

国内定価は66500円。

しかし海外通販を使えばなんと4万円台(あるいはそれ以下)で購入できてしまいます。

 

また私が使っている固定ローラ、TACXのNeo Smartは国内定価19万円ですが私は海外通販のセール時になんと12万円台で購入しました。

 

関連記事『TACX NEO Smart使用インプレ!zwiftを最高に楽しめるスマートトレーナーです。

今回はロードバイク初心者向けに海外通販の紹介とメリットとデメリットについてお話します(`・ω・´)ゞ

 

スポンサーリンク


海外通販の種類

以下の3つは有名な海外通販サイトです。

日本語対応しているので初心者でもAmazonと同じ感覚で買い物ができます。

wiggle

イギリスにある海外通販サイトwiggleです。

数ある海外通販の中で一番有名といっても過言ではありません。

5999円以上の買い物で送料が無料になります。(2018年8月現在)

 

Chain Reaction Cycles(CRC)

wiggleと同じくイギリスにある海外通販サイトのCRCです。

5999円以上の購入で送料無料です。(2018年8月現在)

 

サイクリングエクスプレス

台湾にある海外通販サイトのサイクリングエクスプレスです。送料は物によって変わります。

たまに送料無料キャンペーンとかやってるので活用しましょう。

配達が早いのが特徴で最短2日で届くスピード屋です。

 

海外通販を使うメリット

安く買える

安く買える。これにつきる。

日本で買うより圧倒的安さで購入が可能です。

日本製品のシマノの部品でさえ海外通販のほうが安い!(なんでだろうね…)

私の愛車cx-zeroも海外通販なら安く買うことができます(泣)

 

参考記事「COLNAGO cx-zeroはコスパ最強?かもしれない…

 

しかし安いぶん当然リスクが存在する。世の中そう甘くはないってことですね(*´Д`)

 

以下海外通販のデメリットを紹介します。

海外通販を使うデメリット

不良品が届いたときの返品が面倒

海外通販では不良品をつかまされたり注文と違う商品がくる確率がそこそこ高いです。

よくあるのが注文したのと違うサイズ、色の商品が来たりします。

 

私は何度も海外通販を利用していますが運が良いのかそういう目にあったことはありません。

返品するとなると基本的には英語でのやりとりになります。(最初に紹介したwiggle、CRC、サイクリングエクスプレスは日本語対応しているので安心!)

 

また、日本ではメールを送ればすぐに帰ってきますが、海外通販の場合返事が遅い、最悪帰ってこないことがあります。

 

届くまで時間がかかる

wiggleの場合は早くて4日、遅くて20日くらい。

気長に待ちましょう。(´Д`)

むしろ待っているときのワクワク感が醍醐味だったり(笑)

 

待てない人は送料を課金すると早くきます。

基本的に自分でメンテしないといけない

僕は初心者にはあまり海外通販をオススメしません。

その理由はメンテナンス技術が不足しているから。

 

海外通販、というかネットで買った機材は基本的に自分でメンテすることになる。

自転車屋に持って行っても他店購入のものだと断られたり高い工賃を取られます。

自転車屋で機材を買うと高いのは基本的にその後のメンテ代が含まれているからです。

他店購入の物を持ち込むと嫌な顔をされることがあります。

 

つまり自分である程度メンテできないなら海外通販で買うのはやめた方が良いということ。

近くに他店購入のものでも見てくれるショップがあるなら話は別ですが。(のむラボとか)

 

しかしまぁ自分でメンテナンスをしてみないといつまで経ってもメンテナンス技術がつかないのも事実。

私の場合、海外通販でパーツを買ってはネットで交換の仕方を調べていろいろ試行錯誤することでそこそこメンテナンスできるようになりました。

 

一番苦戦したのはクランクの交換。最初からついているクランクが外せず3時間くらい格闘しました(笑)最終的に壊れる覚悟でゴムハンマーで思いっきり叩いたら外れましたよ(笑)

僕のように最悪壊れる覚悟でメンテナンスができるなら海外通販に手を出してもいいと思います。

 

自分で絶対メンテナンスしたくない人はおとなしく国内のショップで買いましょう(*´Д`)

他店購入のものでも面倒見てくれるショップが近所にあるなら話は別ですがね。

 

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です