COLNAGOのミドルグレードバイク C-RSに試乗しました。その性能はいかに?




どうもこんにちは。

MESIです。

 

前回はCOLNAGOのエアロロードV2-Rの試乗インプレをしましたね。

これまでCOLNAGOのハイエンドモデルに乗ってきたわけですが今回はミドルグレードのカーボンロードバイク。

C-RSの試乗インプレです。

 

試乗会の方によると今一番販売に力を入れているモデルだとか…(゚Д゚;)

 

その性能はいかに…(; ・`д・´)

 

 

スポンサーリンク

スペック

今回お借りしたC-RSは新型アルテグラのR8000で組まれた完成車です。

お値段は33万円。

 

カーボンフレームに新型アルテグラをフル装備で33万て結構安くないですか?Σ(゚Д゚)

普通だったら40万くらいはいってしまいますよね。

 

コルナゴと言えば高級ブランドでコスパなんてクソくらえなメーカーだと思っていましたがC-RSはかなりの高コスパ…(;´・ω・)

コスパ大魔王のGIANTもびっくりですよ。

 

車体重量は8.2kg

ホイールがRS010なのでホイールを交換すれば7kg代は余裕ですね。

 

フレームは所々V2-Rのようなエアロな形状をしていて、カッコいい(´゚д゚`)

 

また、塗装がとても綺麗です。

試乗会のコルナゴの人によるとミドルグレードのC-RSでも塗装にはかなりこだわっているとか…

日に当たると塗装のラメがキラキラ光ります。

 

性能について

ほどよい剛性でホビーライダー向け

今まで試乗してきたハイエンドモデル3台はプロ用機材なので高剛性なフレーム。

 

しかしミドルグレードのC-RSは我々ホビーライダー向けの剛性で、扱いやすいバイクだと思いました。

剛性が低いと力が逃げるような感じになりがちですが、力が逃げる感じはなく踏みごたえのあるフレームです。

 

乗り心地もよく、V2-Rと同じくらい。

ヘッドチューブがやや長めなのでアップライトなポジションをとることができ、ロングライドもいけそうです。

 

尖った性能はありませんがバランスが良く優等生的なバイクに感じました。(`・ω・´)

ホイールを変えれば化ける

 

今回の試乗車は完成車パッケージのままでホイールにはシマノのグレードの低いものがついていました。

 

そのせいで足回りが重く加速がイマイチ。

ペダルを踏んだ時に反応が少し鈍さかったのですがホイールが原因だと思います。(;´Д`)

 

これをゾンダのようなミドルグレードのホイール。

レーゼロのようなハイエンドアルミホイールに交換すれば、レースで十分戦えるバイクに化けることでしょう。

 

フレームの次にバイクの性能に影響するのはホイールなのでもっと良いホイールで試乗してみたいですね。( ゚Д゚)

 

最後に

C-RSですがこれからロードバイクを始めようとしている人に強く勧めたいバイクです。

 

カーボンフレームにULTEGRA装備、おまけにきれいな塗装がされていて33万という値段は魅力的でかなりコスパが良い。(; ・`д・´)

私のcx-zeroは30万で105(クランクとブレーキ以外は)だったので嫉妬してしまいます。( ̄ー ̄)

 

ホイールは交換前提ですが、むしろそのほうがホイールを交換した時に感動できるので初心者をホイール沼に引きずり込めていいかもしれませんねΣ(゚Д゚)

 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません



スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です