ロードバイク購入者が絶対に押さえておくべきフレーム素材に関する知識




どうもお疲れ様です。

MESIです。

 

「ロードバイクを買おうとしているけど選び方がわからない(´・ω・`)」

 

そう感じているロードバイク初心者は多いのではないでしょうか?

 

 

この記事はそんな初心者の方のためにロードバイクを買うときに知っておきたい知識ついてまとめてました!

 

 

 

ロードバイクを選ぶときに見るポイントは2

 

それはフレーム素材コンポーネントのグレードです。( ゚д゚ )クワッ!!

 

 

よくホイールも見るように言われていますが初心者が購入する価格帯のロードバイク(25万円以下)の場合どれもエントリークラスのホイールなのでそこまで大きな差はありません。

 

 

今回はフレーム素材について解説していきます。

 

スポンサーリンク

フレーム素材

フレームというのは自転車の骨組みの部分です。

このフレームにホイールや変速機など様々なパーツがついてロードバイクとなるのです。

 

フレームの材質は大きく分けて4つあります。

 

それはアルミニウムカーボンクロモリチタン!

 

他にもステンレス、竹、木などもありますが、初心者の方は知らなくていいです。かなりマニアックなので(・_・;)

 

アルミニウム

 

完成車8万から

アルミはエントリークラスからミドルグレードのロードバイクのフレームに使われています。

アルミフレームのロードバイクは値段が比較的安く、購入しやすいです。

 

低価格でロードバイクを買う場合は基本的にアルミ一択。

 

アルミフレームは乗ってみるとペダルを踏んだときにダイレクトに伝わる感じがして気持ちいいです。

ただし路面からの衝撃もダイレクトにくるため乗り心地はあまり良くないのが玉にきずかな。(´・ω・`)

 

また、多少雑に扱っても壊れないので手入れがしやすいというメリットがあります。(軽量肉薄アルミを除く)

 

アルミフレームというと一番安いフレームというイメージがあるけど、デローザ・スカンジウムという超高級アルミフレームも存在します…

引用 https://www.cyclesports.jp/

 

 

カーボン

完成車20万から

一番最新の素材で飛行機なんかにも使われています。

 

プロのレーサーが使っているロードバイクはほぼカーボン素材。

 

軽量で剛性が高く現在最も自転車に適した素材と言われています。

 

乗ってみると軽量なのでビューンと加速し、乗り心地も良い!

 

ただし値段が高く最低でも20万円からです。

 

自転車に適している素材であるカーボンですが弱点もあります。

 

それはカーボンは衝撃に弱いことです

 

落車などで強い衝撃が加わるとカーボンが割れてしまうことがあります。

 

 

アルミのような金属フレームなら落車でフレームが多少へこんでも乗り続けることができますが、カーボンフレームの場合割れてしまうとそのフレームにはもう乗ることができません。高価な燃えるゴミとなってしまいます。

 

なので1台目にカーボンを選ぶのは少し勇気が必要です。(ちなみに私は1台目でカーボンを選びました。)

 

また、ネジをしめる時もしっかりトルクレンチを使用してトルク管理しないと締め付けすぎてカーボンが割れてしまう恐れがあるので手入れが面倒くさいです。

 

私の愛車cx-zero。カーボンフレームです。

 

クロモリ

完成車10万から

クロモリは鉄にわずかなクロムとモリブデンなどを添加したもので、クロモリフレームは簡単に言うと鉄パイプでできたフレームです。

 

昔のロードバイクはみんなクロモリでした。

 

特徴としてはフレームパイプが細く、シュッとしていてカッコいい!

そしてクラシカルな雰囲気があり今でも根強い人気があります。

 

 

私の愛車raleigh CRDです。クロモリフレームです。パイプが細くてシュッとしています!

 

また、完成車で10万円と比較安いものからフレームセットだけで40万くらいする高級品まであり値段の幅が広いのが特徴です。

 

高級品になるとフレームの溶接や塗装が美しく、眺めているだけでも楽しめます!(私はCOLNGO Master X-LIGHTのフレームでご飯3杯はいけますねw)

 

乗った感じはやさしく、しなやか!乗り心地がよく路面からの衝撃もマイルドで長距離走っても疲れにくいのが特徴!

 

ただし、フレーム重量が重いため、加速が悪く、ヒルクライムでは辛いかな。(;´Д`)ハァハァ

 

また、素材が鉄であるため頑丈でしっかりメンテナンスをすれば10年以上乗れてしまいます!

当然ですが雨で濡れたまま放置すると錆びるので気を付けましょう。

 

チタン

完成車50万から(高い!)

チタンは錆に強く軽量で剛性が高いため、自転車のフレーム素材にぴったりです。

しかし加工が難しく大量生産できないため値段が高く、一部のメーカーしか販売していません。(ライトスピード、デローザ、ムーツ、パナソニックなど…)

 

チタンフレームのロードは乗っている人が少ないため、人と被る事は滅多にありません。

 

チタンは自転車乗りの憧れの素材であり、チタンのロードバイクを持っているだけで所有欲が満たされます。

 

チタンロードに乗って走りにいけば間違いなく他の自転車乗りからの注目の的になるでしょう。

 

初めての一台目からチタンを選ぶ人は稀で三台目くらいにチタンの自転車を所有する人が多いかな。

 

まとめ

今回は4種類のフレーム素材について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

どの素材のフレームを買うか決まりましたか?

次回はコンポーネントのグレードについて解説していきます!

 

次の記事『ロードバイク購入者が押さえておきたいコンポーネントの知識

 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません



スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です