電動コンポ全盛期の今こそ機械式コンポの良さを考える!機械式はいいぞ!




電動コンポは多くのサイクリストにとっての憧れのコンポーネント。
 
その性能は本物でプロ選手はほぼ全員が電動を使用するほど。
 
 
 
私自身電動DURA-ACEを使用した時にそのあまりに滑らかな変速に感動してしまいました。
 
充電しないといけない以外の弱点がない。
 
 
そう。電動はサイコーなのだよ。( ̄ー ̄)
 
 
 
 
 
 
機械式は電動より軽いというメリットがありヒルクライマーなんかは機械式を使うことがあります。
 
しかし次の表を見てください。
 

  ULTEGRA R8000 ULTEGRA R8050
クランクセット(170㎜,50-34T) 674g 同じ
STIレバー 440g 295g
ブレーキ 360g 同じ
フロントディレーラー(直付け) 92g 132g
リアディレーラー(SS) 200g 242g
ボトムブラケット 63g 同じ
チェーン 257g 同じ
スプロケット(11-28T) 251g 同じ
Di2のバッテリ―など なし 70g
合計重量 2337g 2344g
 
機械式と電動の差がほぼありません。
 
電動も進化していて機械式並みに軽くなっているのですよ!
 
 
 
 
 
もう機械式は時代遅れなのか…?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
否!機械式には電動にはない良さがある!Σ(゚Д゚)
 
 
 
今回はロードバイクを組む際にあえて機械式のコンポを選択する理由を述べていきます。
 
 
 

スポンサーリンク

機械式コンポにはロマンがある。

 
 
機械式コンポーネントは手の力でワイヤーを引っ張りディレーラーを動かす。
 
 
レバーを押すときの力加減、カチリとラチェットがかかる感触。ディレーラーから伝わる振動、反応…
 
 
 
 
機械を操作しているという感触がそこにある。
 
 
 
 
 
細かな部品たちの動きはすべて歯車のようにつながっていてどれ一つ欠けてはならない。
 
 
 
そう。機械式コンポーネントは手元のシフターと各ディレーラーがつながっているのだ。
 
 
特にカンパやSRAMのコンポがこの感じを味わえる。
 
 
 
 
 
 
一方電動はシフターのスイッチを押すと電気信号が送られディレーラーがモーターで変速する。
 
 
 
そう。スイッチを押すだけ。力加減なんて必要ない。
 
 
手元のシフターと各ディレーラーは完全に切り離されてしまっているのだ。
 
 
 
 
 
ロマンがなあぁぁぁぁい!Σ(゚Д゚)
 
 
 
 
 
勝つことが重要なプロ選手は別として、趣味で走るホビーライダーにとってロマンは大事なのだ。
 
 
 
クロモリに電動コンポとか載せたら雰囲気ぶち壊しですよ(゚Д゚;)
 
 

古くなっても価値がある?

 
 
家電製品は絶え間なく新しいものが登場し、型落ちの物は価値が一気に落ちる。
 
私は今iPhone 5Sを使っているのだがiPhone Xが登場した今ほぼ無価値といってもいいだろう。
 
 
それは電動コンポにも当てはまるのではないだろうか。
 
 
例えば今最新式の電動コンポであるDURA-ACE R9150が10年後に価値があるのか?
 
電動コンポを家電とみなすならiPhone 5Sのように無価値になるのではないだろうか?
 
 
 
機械式のR9100のDURA-ACEのほうがオールドパーツとして価値がありそうな気が…
 
どうなんだろ…(゚Д゚;)
 
 

トラブル時に対処しやすい

 
電動コンポが電子的なトラブルで動かなくなった場合、お手上げだ。
 
どうすることもできない。
 
 
 
一方機械式コンポが動かなくなった場合原因を突き止めることは可能だ。
 
場合によっては自分で応急処置できる。
 
 

その自転車電動?という質問で困らない。

機械式コンポーネントを使っていると「その自転車電動?」と聞かれたときに困りません。

 

いきなり何を言ってんだこのチキン!?Σ(゚Д゚)

 

という声が聞こえてきそうですね。

 

わかりやすいように例をだします。

例えばロードバイクで峠を登って峠の頂上で休憩していたとしましょう。

 

すると車で峠を越えてきたおっさんが話しかけてくるのです。

 

「ええっ!この峠を自転車で登ったのかい?(訳:君は変態なのかい?)」っと。

そしてもう一つこう質問してくるのです。

「その自転車は電動かい?」っと

 

その時もしあなたのロードバイクが電動コンポを使っていたら考えなくてはなりません。

このおっさんは電動アシストのことを言ってるのか電動コンポのことを言っているのかと!Σ(゚Д゚)

 

今回の場合おっさんはロードバイクについて詳しくないとわかるので99%の確率で電動アシストのことを言っていると判断できる。

 

だから「電動じゃないぜ!自力でこの山をのぼったんだぜおっさん!」

と答えればいいのです。

 

しかし厄介なのがおっさんがどれくらいロードバイクの知識があるかわからないケース。

その場合電動コンポ使いは考えないといけないのですよ。

おっさんが言ってるのは電動アシストのことか電動コンポのことかを!Σ(゚Д゚)

 

機械式のコンポーネントを使っていれば悩む必要はない。

機械式サイコー!!!Σ(゚Д゚)

 

 

『FF外から失礼します。変速部分は電動と答えればいいのでは?』

 

『ネタにガチリプするのやめたまえ。』

 

『MESIく~ん。僕はおっさんじゃなくてお兄さんだよ~。』

 

『えぇ~!?』

 

おしまい(゚Д゚;)

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







2 件のコメント

  • 電動式も機械式もよさがありますよね~。
    私も試乗車で電動アルテ触ったときはあまりの滑らかさにビビりました…。本当に甲乙つけがたいですね。最近友人と「100万円あったらどんなバイクを組む?」って話をしていたときも、機械式と電動式で大いに悩みました。…そんなお金ないんですけれども笑
    MESIさんなら紐のスーパーレコードとかを選択されるんでしょうか??笑

    • F2さん>>図星です。私は電デュラより機械式のスーレコを選ぶと思います(笑)
      でもレース用のバイクを組むなら機械式のデュラにしますね。スーレコとは比べ物にならないくらい変速性能がいいので…
      カンパはロマン用バイク専用です(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です