世界最速のロードバイク、S-WORKS VENGEってどうなん?【試乗インプレ】




どうもこんにちは。MESIです。

世界最速のロードバイクと言ったら、皆さんはどのロードバイクを思い浮かべますか?

CannondaleのSystemSix、TREKのMADONE、CerveroのS5など候補はいろいろあるけれど、私はSPECIALIZED社のS-WORKS VENGEが最速だと思っています(異論は認める(´・ω・`))。

画像:公式サイトより

実際にCycle Sportsが各社エアロロードを集め実験を行ったところ、S-WORKS VENGEがやはり最速という結果に!(その記事はコチラ)

やはり自社に風洞実験施設をもつメーカーのエアロロードは違いますね。

そんなS-WORKS VENGEになんと試乗してみる機会がありました。カトーサイクルで!

MESI
話題のエアロロード!テンション上がるうぅぅ!

スポンサーリンク

 

エアロフレーム?たいしたことないんだろ?(^Д^)プギャー

自転車に乗っているときに発生する空気抵抗のほとんどはライダーの体によるもの。

機材側による空気抵抗もほとんどはホイールで発生するのでフレームをエアロ形状にしようと体感なんてできるはずがない。

と思っていた私が間違ってました(土下座)

本来できるはずなのだ……!本当にすまないという気持ちで…胸がいっぱいなら…!どこであれ土下座ができる…!たとえそれが…肉焦がし…骨焼く…鉄板の上でもっ…!(by兵藤会長)

VENGEはね、とても速いんだ…(´・ω・`)

 

乗ってみるとわかるその速さ

試乗車のVENGEを受け取って衝撃を受けてしまった。

何コレ!軽すぎる!!( ;゚;ё;゚;)

 

今までママチャリにしか乗ったことなかった自分が初めてロードバイクを持ち上げたときの衝撃。

あの衝撃を再び味わうことになろうとは…

正確な重量はわからないけど私の感覚では7kgちょっとでしょうか。

重量的に私のコルナゴとあまり変わらないけど64ミリハイトのディープホイールを履いて見た目が重そうなので、異常に軽く感じてしまう。

MESI
これパーツ構成によっては6.8kg狙えるんじゃね?

軽いので加速が気持ちよく、減速してもすばやくスピードを乗せられるので交通量が多い名古屋の道でもストレスなく(いや、ストレスはある)走れました。

公式情報ではフレーム重量は960g(サイズ56)と前作のVENGE Viasよりも240gも結果にコミットしたらしい。

 

基本的にエアロフレーム、ディープホイール、ディスクブレーキの弱点といったら重いこと。

そしてエアロフレームかつディープホイールかつディスクブレーキのVENGEはクソ重くなるのがロードバイク界の法則のはず。

しかし軽い。

もうエアロディスクロードは重いとは言わせない!

そう!VENGEならね!!Σ(゚Д゚)

 

これだけ軽いと軽量モデルのTarmacが不憫で仕方ないのでUCIは早急に6.8kgルールを修正するべきである。

MESI
もう下限6.0kgで良いと思うンゴ(´・ω・`)

スポンサーリンク

よく見たらクランクにパワーメーターついてた(´・ω・`)

そしてVENGEはただ軽いだけではありません。

速いんです( ;゚;ё;゚;)

そんなにペダルを踏んでいるわけではないのにスピードが乗り、ペダルを止めてもスピードが落ちにくい。

たまたま追い風が吹いていた可能性もあるけれど、冒頭で紹介したCycle Sportsの実験記事の内容を信じるならば確実に速いのでしょう。

 

とにかく速く感じる。それがVENGEというロードバイク。

 

しかし試乗において一点だけすごく気になる事がありました。

それは…

ブレーキが…当たってる!Σ(゚Д゚)

今回の試乗車、ブレーキの調整が甘いのか走っていてローターが擦る音が聞こえました。

しかし、走行にはほとんど影響しないレベル…

ショップの店員に言って直してもらうべきか…?

でも戻るのも面倒だし…

ブレーキから音はするけどそのまま試乗しました。コミュ障なので余計なやり取りはしたくないのさ…

 

ピー君
でも次に試乗した人が言ったら、前に乗ってた人がローター曲げたって疑われるのでは…?
MESI
は…!たっ確かに…

 

カトーサイクルの店員さんへ。私は壊してません。ブレーキから音がするのは最初からです。

本当ですよ…( ;゚;ё;゚;)

 

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


ブログに書くほどでもないくだらないことはTwitterでつぶやいてます。

スポンサードリンク







6 件のコメント

  • いつも楽しく読ませてもらっています。スペ車のヴェンジですが乗り心地はいかがでしょうか。ネット記事では
    乗り心地は異常に悪い
    とか
    ターマックの方が乗り心地がいい
    などとあります。
    その点についてはいかがでしょうか。また、軽いとはいえ、平地専用機(ヒルクライムにはターマックを使うべき)との記事も散見されます。(サガンがレースでターマックを常用することもあるかもしれませんが。)
    その点、いかがでしょうか。
    長文、長々と失礼しました。

    • 乗り心地はタイヤの空気圧が大きく影響するのでなんとも言えませんが、少なくとも私は乗り心地が悪いとは思いませんでした。
      また、ターマックについては乗ったことがないのでわからない感じです(汗)
      ヒルクライムにはターマックの方が優れているのでしょうが、VENGEは平坦だけでなくある程度山もこなせる軽量エアロロードだという印象です。

  • 試乗車ならそんなもんだと思いますよ。ディスクブレーキの唯一の欠点がスレと音鳴りですが、ゼロにするには相当調整必要ですからね(しかもどんなにがんばっても、柔いフレームだとダンシングしたら絶対シュツシュツ鳴る)。
    静穏性が向上したコンポ早く出てほしい。

    • やはりディスクブレーキは調整が難しいのですかね。基本的に自分でメンテする私のようなタイプはしんどいですなぁ(汗)

  • 先週末の名古屋サイクルスポーツデイズでVENGEを含めていろいろ試乗しましたが、MESIさんとほとんど同じ感想でした。
    素人考えですが同じ重量でもVENGEはフレームが軽いぶん重心が下がっていて、他のフレームと比較してダンシングとかでも軽さのアドバンテージを得やすいのかなと思いました。
    ちなみに自分が試乗したVENGEもディスクがシャッシャッ鳴っていました(笑)

    • ほほう。ディスクブレーキは鳴りやすいのかもしれませんね。
      それとも私が試乗したものが修理されることなく同じVENGEが名古屋サイクルスポーツデイズに出されたか(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です