買ったTIMEが不良品?海外通販のデメリットについて語る!




海外通販のサイクリングエクスプレスでTIMEのskylonを購入した私。

さすがTIME!フレームのカーボン柄が芸術的!

ワクワクしながら組み立てた。

 

 

海外通販の落とし穴にハマるまではな!Σ(゚Д゚)

 

いったいどんな落とし穴にハマったのか?今回は自分の経験に基づく海外通販のでデメリットについて紹介します▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああ

スポンサーリンク

 

最低限のパーツがないやんけ~(汗)

TIMEのフレームってシンプルな見た目をしていて専用パーツなど存在しなさそうであるが実はたくさんある

そのうちの一つがブレーキを止めるナットで今回コイツが付属していなかった。

こんなナットが3000円するんよ(´・ω・`)

シマノのブレーキに付属してるナットとは比べ物にならないくらい長い専用のナットが必要なんですよ!

TIMEのフレームが入っていたこのでかい箱のどこかに落ちているんじゃないかと隅々まで舐め回すように探したけどない!

このままではブレーキがつかん!

ということで近所の自転車屋で入手( ̄ω ̄;)

たまたま在庫があったため運良くその場でゲットできた。

これでTIMEを完成させることができる!( ー`дー´)キリッ

と思いきやトラブルはこれで終わりではなかった。

 

なぜだ?ハンドルが激重い!

とりあえず組めた。が、大きな問題が発生。

それは、ヘッドのベアリングの回転が激渋でハンドルを切ると重いものすごく( ;゚;ё;゚;)

TIMEの玉当たり調整はこのQUICK SETで行う。

玉当たりの問題かと思い調整をしてみても全く改善しない。

仕方ないので自転車店に見てもらうことにした。

MESI
海外通販品をあまり自転車店に持ち込みたくはないのだけどね。

スポンサーリンク

 

原因はヘッドの整形不良だったよ!

自転車屋にTIMEを預けしばらくして電話がかかってきた。

自転車屋『ヘッドの整形不良ですね』

 

ヘッドの整形不良だと…?

 

話を聞くとフレームのヘッドパーツのベアリングを支える部分にわずかな出っ張りがあり、ベアリングの回転に影響が出ていたらしい。

 

ワイ『それじゃあうちの息子(スカイロン)は直らないんですか?先生!』

自転車屋『いや直りました』

 

直ったんかい!Σ(゚Д゚)

 

出っ張り部分をヤスリで削って修理完了とのこと。

良かったε-(´∀`*)ホッ

不良品として返品できるのか調べるためにサイクリングエクスプレスの保証・返品ページを読み漁ってましたよ(汗)

まぁこの後もワイヤー配線が甘くてリアの変速に影響が出たりで全部組み直してもらったんだけど…

とりあえず完成!( ゚д゚ )クワッ!!

詳しい紹介はまた別の記事でやる(かもしれない)Σ(゚Д゚)ヤレヨ

【2019/05/16追記】結局書いた(笑)↓

TIMEのエアロモデル、skylonがついに完成!スペック、インプレとか

2019.05.16

海外通販のデメリットまとめ

私が購入したTIMEフレームには組むために必要な最低限の部品がついてなかった。

こんなネジが3000円するんよ(´・ω・`)

今回は運良く入手できたけど、海外通販に問い合わせて入手しないといけないこともあるだろうね。

場合によっては届くまでかなり時間がかかるかもしれない。

また、お店で買おうにも以下の場合手に入らないこともある。

それは代理店が補修パーツを出してくれない場合。

例えばフランスメーカーのLOOKの代理店は海外通販品はもちろん国内正規品でもセカンドオーナーには補修部品を一切出さないというスタンス。

店頭に在庫がある場合はお店の好意で販売してもらえることがあっても、取り寄せは一切不可能です。

私のように最低限のパーツが付属してなくてお店に行っても代理店によっては取り寄せができないってこと。(ちなみにTIMEはできるっぽい。高いけど)

最近のフレームはエアロ形状で専用パーツが多いため代わりが効かないことが多い。こういうケースは増えてるんじゃないかな。購入時点ですべてパーツが揃っていたとしても樹脂やゴムのパーツはだんだん劣化してきてしまうし。

また、今回フレーム本体にもちょっとした不良部分があった。

結果として直ったけど、修理できないような場合は海外通販側に送り返して不良品と認められないと返金されない。

 

保証や修理が関わりやすいもの、専用部品が多いものを海外通販で買うときは注意しましょうね( ;゚;ё;゚;)

スポンサーリンク



スポンサードリンク







チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


ブログに書くほどでもないくだらないことはTwitterでつぶやいてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です