8月31日までサイクリングエクスプレスのVIP会員権がなんと39円/年!普段は3900円。サイクリングエクスプレスはVIP会員だと非常にお得に購入できるのでとりあえず会員権だけでもGETしておくことをおすすめします。

自称輪行のプロが輪行袋の選び方とオススメを紹介します!




どうもこんにちは。
 
輪行した回数は数知れず!
 
自称輪行のプロことMESIです。
 
 
みなさん輪行袋はご存知でしょうか?
 
 
自転車を電車に乗せて遠くの土地に行く。これを輪行と言います。
 
そして輪行するには自転車を入れるための専用の袋。
 
すなわち輪行袋が必要です。
(たまに人権を捨てた貧乏大学生が自転車旅中に輪行袋を寝袋に野宿する事もあるらしい)
 
元ネタ ジョジョの奇妙な冒険
 
 
輪行袋にはいろいろなタイプがあります。
 
 
今回は自称輪行のプロである私が輪行袋の種類とおすすめを解説していきます。
 
輪行袋選びの参考となれば嬉しいです。
 
 
よく前輪のみを外すタイプの輪行袋がありますがこれは基本的に禁止されています。
 
特にJRではダメ!絶対!
 
なぜなら前輪を外すタイプの輪行袋を使った日には輪行警察に写真を取られSNSでさらされ炎上してしまうから
場所を取り迷惑がかかるし、JRのようなメジャーな鉄道では禁止されています。
 
 
違反にならないためにも面倒でも必ず前輪と後輪を外すタイプの輪行袋を購入することが大事!
 
違反している人が多いと今後、鉄道会社が輪行を禁止にしてしまう可能性だってあります。
 
ルールは守りましょう!絶対にだ!Σ(゚Д゚)
 
 

 縦置きか横置きか?

輪行袋には自転車を入れた時に縦に長くなる縦置きタイプと横に長くなる横置きタイプが存在します。
 
縦置きタイプの輪行袋のメリットは場所を取らないこと。
 

縦置きタイプの輪行袋

 
 
電車内で最低限のスペースで自転車を置くことができるので邪魔になりにくい。
 
 
しかし縦置きタイプの輪行袋に自転車を入れるとディレーラー部分が下にくるのでエンド金具という輪行グッズが必須です。(エンド金具は別売りである事が多いので注意!)
 
これがエンド金具。結構重いです。
 
 
エンド金具がないと地面にディレーラーが当たってしまいディレーラーの破損やハンガーが曲がる原因になります。
 
 
ちなみに仮にエンド金具を忘れてしまった場合はアーレンキ(6角レンチ)でディレーラーを外せば何とかなる。
 
私は輪行するためにエンド金具をつけようとしたらエンド金具が金属疲労で逝ってしまい途方に暮れたことがありましたが、ディレーラーを外すことで乗り切りました(´゚д゚`)
 
 
 
 
 
 
縦置きタイプの輪行袋と比べて横置きタイプはどうですの?
 
というと横置きタイプの輪行袋は縦置きタイプと比べてやや場所を取ります。
 
 

横置きタイプの輪行袋

 
 
電車内が混んでるときは申し訳なくなる。
 
混んでるときは縦置きでも申し訳ないんだけどね(´・ω・`)
 
 
 
まぁ基本的に輪行は早朝で人がいないガラガラの電車を使うことが多いのでこのデメリットはあまり気にならないかもしれません。
 
 
 
また、横型の輪行袋はエンド金具が必要ないというメリットがあります。
 
輪行袋に自転車をいれたときにディレーラーが上にくるので必要ありません。
 
エンド金具をつけなくて良いので輪行スピードを上げることができるのがものすごく魅力的。
 
輪行の作業って結構メンドウくさいからね。
 
縦置きタイプの輪行袋を使っている私としては横置きタイプの輪行袋を使ってスピーディーに輪行を済ませている友人を見ると非常に羨ましくなる。
 
 

ホイールを入れるポケットがあるタイプ

横置きの輪行袋でホイールを入れるためのポケットがついているタイプの物があります。
 
 
このタイプの輪行袋はエンド金具がいらないだけでなくホイールをフレームに紐やらで固定する必要がないのでスピーディーに輪行準備をする事が可能です。
 
スッ!とホイールをポケットに入れるだけでいい。
 
 
ただしホイール用のポケットが無いタイプと比べて重いし嵩張るのがマイナス。
 
 
 

輪行袋の厚さについて

輪行袋の生地が厚いものほど自転車に傷がつきにくくなります。
 
しかしその分重くなるし嵩張るので荷物になる。しかも重い!(寝袋として使うなら生地が厚い方が快適だぞ!(´・ω・`))
 
 
私の経験上では輪行するとどんなに気を付けていても自転車に傷つくのは避けられないです。
 
 
そもそも自転車に傷がつくのが嫌な人は輪行するべきではない。
 
私は軽量でコンパクトなものをオススメしますね。
 
 

スポンサーリンク

オススメ輪行袋

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 L-100

 
縦置きタイプの輪行袋。
 
輪行袋の定番of定番のオーストリッチです。
 
私が使用しているのはこの輪行袋!
 
 
 
235gという軽量さにひかれて購入しました。
 
しかし別売りのエンド金具を含むと後で紹介するモンベルの横型輪行袋より重くなるので注意です(泣)
 
 
 
 

mont-bell コンパクトリンコウバッグ

 
横置きタイプの輪行袋です。
 
重量は297g
 
 
紐でホイールとフレームを固定した後で上から輪行袋をかぶせるだけ!
 
エンド金具が必要ないので縦置きタイプよりスピーディーに輪行準備ができます。
 
 
輪行において素早く準備ができるのは大きなメリット!
 
 私が今一番欲しいのがコイツです(笑)
 

 

 

premier(プレミア) かんたん輪行袋

 
横置きタイプの輪行袋で袋の内側にホイールを収納するポケットがついているタイプです。
 
 
 
フレームを逆さにして袋に入れてホイールをポケットに収納するだけなので誰でも簡単に輪行準備ができてしまいます。
 
 弱点は重いことと少し大きいこと。
 
 重量はなんと700gあります。
 
 
簡単だけどちょっと重いね。
 
輪行初心者におすすめしたい!
 
 
 
 

 grunge(グランジ) キャリー

 
女性目線でつくられており、小さいフレーム専用(フレームサイズ520以下)のちょっと変わった輪行袋です。
 
 
この輪行袋の特徴はホイールを入れる袋がついていること。
 
前で紹介したホイールを入れるポケットのついた輪行袋の派生型ですね。
 
この袋にホイールを入れたらフレームと一緒に輪行袋に入れて輪行します。
 
 
エンド金具が必要ないだけでなくホイールをフレームに固定しなくて良いのでスピーディーに楽に輪行できます!
 
 
 
重量が重い(690g)ことと小さいフレーム専用なのが弱点ですね。
 

 

 

Pocket in(ポケットイン) 超軽量輪行袋

重量わずか200gでポケットに入るほどの超コンパクトな輪行袋、「ポケットイン」です。

横型の輪行袋でエンド金具も必要ありません。

しかし生地が非常に薄く耐久性に不安があるので常用には向かず緊急用ですね。

 

例えば自宅から100km離れた場所でトラブルで走行不能になってしまったら絶望的。

そんな時にポケットインをポケットに忍ばせておけば、電車で帰ることができます。

 

非常用としておひとついかがでしょうか?(笑)

 

まとめ

輪行袋は軽量でコンパクトなものほど輪行準備が面倒くさく、輪行準備が簡単なものほど重く嵩張ります。

どちらが良いかはあなたの輪行スタイル次第。

 

輪行後に輪行袋を駅のロッカーなどに放り込んで走るような場合は重く嵩張っても気になりませんし、いざというときの緊急用なら軽くてコンパクトなものが良いでしょう。

 

また、輪行時に気をつけないといけないマナーについては以下の記事で紹介しています。

よろしければ御覧ください。

輪行の心構えとマナーについて!押さえておくべき4つの注意点!

輪行の心構えとマナーについて!押さえておくべき4つの注意点!

2017.08.20

 

スポンサーリンク






 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です