deuter(ドイター) レース EXP エアー使用レビュー!背中が蒸れないバックパックです!




サイクリングの荷物。
 
皆さんはどうしていますか?
 
 
 
極限まで荷物を削って背中のポケットとサドルバック、ツール缶だけで行く人もいますし、大型サドルバックやフレームバックを使用する人もいますね。
 
 
そしてバックパックに入れる。
 
これもまた一つの方法!
 
 
 
でも「バックパックは背中が蒸れる」とか「身体に負担がかかる」という理由でサイクリストには不評だったりする。
 
 
でもそれは普通のバックパックでの話。Σ(゚Д゚)
 
今回は完全に自転車に特化したバックパック、deuterのレース EXP エアーを紹介します。
 

容量

容量は12+3L!
 
日帰りサイクリングなら十分な容量です。
 
このブログの持ち物リストの「もしかしたら役に立つかも」のレベルの物まで持ち運ぶことが可能です。とはいえあんまり荷物を持っていくと重いのでオススメできないけど。
 
 
荷物を減らしてフレームバックと併用すれば1泊2日くらいはいけます。
 
 
 
 

エクスパンダブルという機能

ジッパーを開くことで容量を3Lだけ増やすことができます。
 
私はこの機能はあまり使いこなせていません。
 
常にジッパーを開けているので実質15Lのバックパックとして使っています。
 
ジッパーを締めるのはよほど中の荷物が少ないときですかね。
 

蒸れにくい!

 
deuterのレース EXP エアーはエアコンフォートシステムといってこのように背中に当たる部分がメッシュになっていて隙間が空いています。
 
これによって背中の通気性が良く蒸れにくくなっています。
 
 肩にかける部分もメッシュ!
 
夏はどんなバックパックを使用しようと問答無用で背中だけでなく全身汗でびしゃびしゃになるのでこのバックパックが真価を発揮するのは秋から春ですね。
 
 
実際使用してみるとバックパック無しの時にはかないませんがかなり蒸れにくい。
 
背中の汗の量はジャージの他の部分と大して変わらないくらいと言ったら言い過ぎですが汗による不快感はかなり軽減されます。
 
 

エアコンフォートシステムの欠点

エアコンフォートシステムによって背中が蒸れにくくなるのですがこの機能による欠点があります。

それはバックパックに嵩張るものが入らなくなることです。Σ(゚Д゚)

このバックバックの断面図を書くとこんな感じです。

エアコンフォートシステムによって断面図が三日月のようになってしまうことで物によって入らなくなってしまうんです。

また、嵩張らないものでもうまく入れないと隙間ができてしまうため収納時に工夫が必要です。

ヘルメットホルダーがうれしい

私は自称輪行の魔術師と言えるほど輪行を経験した男でして。
 
このバックパックについているヘルメットホルダーが輪行時に便利なんです。
 
ヘルメットなんて輪行袋に一緒に入れてしまえば良いんですけど上手く入れないと輪行袋の中でヘルメットがフレームとぶつかってカチャカチャと音がして気になってしまいます。
 
 
ヘルメットホルダーの欠点としてはヘルメットをホールドしているときはフロントポケットから物の出し入れができなくなることですね。
 

ハイドレーションシステム

 ハイドレーションはこんなやつです。
 
 
ハイドレーションシステム3.0Lが使えるみたいですが私は使いませんね。
 
水ならボトルケージのボトルから飲めばいいからです。( ゚Д゚)
 
それに水をバックパックにいれると重くなります。水3Lなら3㎏重くなるわけです。
 
肩に負担がかかるので必要ないような気がしますね。(; ・`д・´)
 
ハイドレーション用の穴。使いませんね。(゚Д゚;)
 

スポンサーリンク

サイドポケット

バックパックの両脇にはメッシュのサイドポケットがあります。
 
私はここには補給食を入れることが多いです。
 
慣れればバックパックを降ろさず補給食を取り出せます。
 
 けっこう便利なポケットですね。

レインカバー付き

バックパックの底にはレインカバーが収納されています。
 
ツーリング中に雨が降ってきたらサッと取り出して使いましょう。
 
今までに何回か使いましたが中の荷物を濡らすことなく雨から守ってくれました。
 
また、雨が降っていなくても路面が濡れているときに使用すればバックパックを泥はねによる汚れから守ってくれます。
 

最後に

今回はdeuter レース EXP エアーを紹介しました。
 
自転車専用というだけあって普通のバックパックより圧倒的に快適だし使いやすいです。
 
 
バックパックは肩に負担がかかり良くないという意見もありますが、私は大型サドルバックなどを使用するとロードバイクの加速が鈍くなるのが気になってしまうので積極的にバックパックを使用してます。
 
 
最大でも15Lなのでそこまで重くなるということもなく負担がかかりにくい。(ダンベルを入れたりしなければ…)
 
 
2年くらい前に購入しましたが今でもツーリングのお供として活躍中です。
 

 

 

チキンチャリダーはブログ村に参加しています!

このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

twitterやってます。


twitterではブログ更新情報とかブログ更新情報とかブログ更新情報とかをつぶやくかもしれません



スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です